Now Loading...

Now Loading...

東京医科歯科大学との共同研究講座について

共同研究講座の研究実績

現在、わが国では高齢化が進行し、大きな社会問題となっています。特に農山漁村地域においては、その傾向が著しく、医療・介護問題等様々な課題が生じています。超高齢社会において、運動器(脊椎、骨、関節、筋肉、神経等)を健康に機能させることは、日常生活動作を保ち、健康寿命を延伸する上で重要となります。

このような状況を踏まえ、当研究所では2016年4月より東京医科歯科大学に共同研究講座(講座名:ジョイントリサーチ講座/運動器機能形態学)を設置し、運動器の健康と障害に関する研究に取り組んでいます。
「転倒と上肢の骨折に関する研究」として、転倒事故によって手関節部の骨折を受傷した患者の要因を健常者と比較分析し、転倒骨折の予防に関する研究の成果を国内外の学会で発表しました。

また「運動器(主に上肢)の障害に関する研究」として、肩の腱板断裂患者の手術中動画、静止画を用いた形態学的評価や、肘関節の機能解剖、転倒等で発生しやすい手首のTFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)の画像診断、裁判例の分析、機能解剖等の成果も学会、学術誌に発表しました。

ここでは共同研究講座の研究実績の一部を紹介します。

「転倒による手首の骨折と体幹バランス」、「介護予防」に関する調査研究、講演等

埼玉県飯能市での「介護予防セミナー」の実施(2017年度)

埼玉県飯能市が主催した「介護予防セミナー 転倒・骨折と介護予防~転ばぬ先の杖と知識~」(2018年3月)において、講演と転倒予防体操、体幹バランス測定会を行いました。 高齢者の転倒・骨折は寝たきりにつながりやすく、介護を必要とする主たる原因の一つになっています。地域住民の方々がいつまでも健康に生活できるように、転倒・骨折についての原因や予防方法を学ぶセミナーとして開催しました。

講演では、東京医科歯科大学大学院 整形外科分野 藤田浩二医師より「転倒・骨折予防~将来の介護予防を目指して~」と題し、骨折を予防するには骨粗鬆症の対策に加え、骨折の原因となる転倒をしないための予防が大切であることを伝えました。講演後、会場内で実際に体を動かす「自宅でできる転倒予防トレーニング」を実演し参加者に指導しました。
その後、体幹バランス測定を実施し、参加者へ測定結果に基づいて転倒リスクの状況を説明しました。
今回の測定結果は、今後の転倒予防等の研究に活用することとしています。

(講演の様子)

(転倒予防トレーニング)

(参加者へ測定結果の説明)

共済総研レポート No.157 81ページ(2018.6)で当日の内容を紹介しています。

秋田県での体幹バランス測定調査の実施 (2016年度)

【2016年度】

JA秋田中央会が主催した 平成28年度JA助けあい組織研修会「福祉セミナー」(2017年1月)において、講演と体幹バランス測定を行いました。
高齢者の転倒・骨折は寝たきりにつながりやすいので、まずは自分自身の体幹バランスを知り、日頃の体操を心掛ける必要があります。

講演では、東京医科歯科大学大学院 整形外科分野 藤田浩二医師より「転倒・骨折と介護予防 体幹バランスの重要性」を伝えました。
その後、体幹バランス測定会を実施し、開眼片脚立位など4種目の検査を測定し、参加者の方へ測定結果をフィードバックしました。

(講演会の様子)

(体幹バランス測定の様子)

(体幹バランス測定の様子)

(検査結果のフィードバックの様子)

共済総研レポート No.149 49ページ(2017.2)で当日の内容を紹介しています。

高齢者に起こり得るドミノ骨折の予防のために

高齢者に起こり得るドミノ骨折とは

骨粗鬆症に伴う脆弱性骨折では、一度骨折すると、次々と骨折が連鎖する「ドミノ骨折」の形態をとり、初発骨折後の患者は、骨折のリスクが骨折前の約6倍にもなることが報告されています。
そのためこの実態と予防について研究することは、高齢者の寝たきり予防、健康寿命を延伸する観点からも非常に重要です。

橈骨遠位端骨折(手首の骨折)は日常生活の中でも転倒などで手をついた時に起こり得ます。
今回の患者調査では、この骨折は高齢者だけでなく40歳代半ばから見られ加齢とともに増加する傾向にあるため、比較的若い時期から転倒を予防することを考慮しないとドミノ骨折を引き起こすきっかけとなり得ることが分かりました。
橈骨遠位端骨折患者における体幹バランスの低下の程度と転びやすさ(易転倒性)との関連はこれまで研究がなされていないことから、各種の体幹バランスと骨密度を測定して実態を明らかにしました。

その結果、橈骨遠位端骨折患者では骨密度の低下は軽度ですが、主に体幹の動的バランスが低下した転倒しやすい「易転倒傾向群」であることがわかりました。
そのため、骨密度が低下する前からドミノ骨折を予防するためにバランス改善トレーニングを行うことが重要であることが考えられます。

国際学会での受賞

共同研究の成果を国際的な脆弱性骨折治療の研究会である第7回FFN Global Congress 2018(Fragility Fracture Network)で発表しました(2018年7月 アイルランド)。
諸外国の研究者が発表する中から、この演題を発表した東京医科歯科大学大学院 整形外科学分野 藤田浩二医師がBest Poster Presentation(最優秀発表賞)を受賞しました。国際的に橈骨遠位端骨折を受傷している女性は握力と体幹バランスが低下しているという共同研究の成果が認められました。
発表演題
”Decreased grip strength and dynamic body balancing in women with distal radial fractures.”(橈骨遠位端骨折を受傷している女性は握力と体幹バランスが低下している)

日本手外科学会での受賞

これまでの研究成果を第60回日本手外科学会学術集会(2017年4月 愛知)で演題「橈骨遠位端骨折患者は体幹バランスが低下している」として発表を行いました。
数百の演題の中から、この演題を発表した東京医科歯科大学大学院 整形外科分野 藤田浩二医師がベストペーパー賞(Best Paper 最優秀賞)を受賞しました。

(受賞した藤田浩二医師)

日本転倒予防学会での発表

ロコモティブシンドロームは、加齢に伴う筋力低下や関節や脊椎の病気、骨粗鬆症などにより運動器の機能が衰えて、要介護や寝たきりになってしまったり、そのリスクの高い状態です。
ロコチェックとは、骨や筋肉、関節などの運動器が衰えていないかを7つの項目でチェックできる簡易テストです。7項目のうち、ひとつでも当てはまればロコモティブシンドロームの心配があります。
ロコチェックが陽性となった地域住民のデータを分析した結果を、転倒予防に関わる社会啓発活動を行い、健康増進に寄与することを目的とした日本転倒予防学会第6回学術集会(2019年10月 新潟)で発表を行いました。得られた成果は、今後、地域住民の地域住民の健康寿命の延伸、介護予防に貢献することが期待されます。
発表演題
「レーザーTUG計測システムを用いたロコチェック陽性者の歩行特性」
「ロコチェック陽性に関連する要因の検討」

日本農村医学会での発表

【2018年度】

これまで得られたデータを分析し、「ドミノ骨折」と「握力」との関係を第67回 日本農村医学会学術総会(2018年10月 東京)で発表しました。
今回の最大の研究成果は、「ドミノ骨折」と一見転倒とは関係ないように思われる「握力低下」が関連していると明らかにしたことです。
医療機関に受診しなくとも簡便で、気軽に自身でも計測可能である「握力」が「ドミノ骨折」の身体指標として有効であることが期待されます。
発表演題
「握力低下は橈骨遠位端骨折のリスク因子である」
「69歳以下女性における橈骨遠位端骨折とロコモのリスク因子についての検討」

【2017年度】

秋田県での体幹バランス測定調査で得られた測定データを分析し、第66回日本農村医学会学術総会(2017年10月 沖縄)で当研究所と東京医科歯科大学の共同研究結果として2つの演題を発表しました。
演題1 「橈骨遠位端骨折患者は筋力が低下している」
演題2 「橈骨遠位端骨折患者は体幹バランスが低下している」
これらの研究から、本骨折患者は筋力と体幹バランスの低下が健常者に比べ低下していることが明らかとなり、これらの改善が今後の重要な課題であることが判明しました。
この研究結果を測定に協力いただいたJA秋田中央会にフィードバックしました。

(学会会場の様子)

関連する主な学会発表

2019年度
  • 加藤龍一,新開由香理,藤田浩二,高橋正樹.レーザーTUG計測システムを用いたロコチェック陽性者の歩行特性.日本転倒予防学会第6回学術集会(2019年10月,新潟)
  • 新開由香理,藤田浩二,加藤龍一.ロコチェック陽性に関連する要因の検討.日本転倒予防学会第6回学術集会(2019年10月,新潟)
  • 藤田浩二,飯島弘貴,奥村篤史,八百陽介,鏑木秀俊,二村昭元,加藤龍一,大川淳,高橋正樹.Laser-TUGシステムを用いた橈骨遠位端骨折患者の歩行状態の評価 転倒とドミノ骨折の予防を目指して.第62回日本手外科学会学術集会(2019年4月,北海道)
  • Koji Fujita, Hirotaka Iijima, Atushi Okumura, Yosuke Yao, Akimoto Nimura, Ryuichi Kato, Atsushi Okawa, Masaki Takahashi. Gait analysis of patients with distal radius fracture using a novel Laser-TUG system. ACSM’s ANNUAL MEETING(2019年5月,アメリカ フロリダ)
2018年度
  • 藤田浩二,鏑木秀俊,宮本崇,志村治彦,青山広道,松山嘉彦,関康弘,若林良明,二村昭元,大川淳.握力低下は初発橈骨遠位端骨折の主要なリスク因子である.第61回日本手外科学会学術集会(2018年4月,東京)
  • 藤田浩二,柳原弘志,新開由香理,堺正仁,加藤龍一.握力低下は橈骨遠位端骨折のリスク因子である.第67回日本農村医学会学術総会(2018年10月,東京)
  • 新開由香里,堺正仁,加藤龍一,柳原弘志,藤田浩二.69歳以下女性における橈骨遠位端骨折とロコモのリスク因子についての検討.第67回日本農村医学会学術総会(2018年10月,東京)
  • Koji Fujita,Hidetoshi Kaburagi,Akimoto Nimura,Ryuichi Kato,Atsushi Okawa. Decreased grip strength and dynamic body balancing in women with distal radial fractures.7th FFN Global Congress 2018(2018年7月,アイルランド ダブリン)
2017年度
  • 藤田浩二, 鏑木秀俊, 二村昭元, 宮本崇, 大川淳. 橈骨遠位端骨折患者は体幹バランスが低下している. 第60回日本手外科学会学術集会(2017年4月,愛知)
  • 鏑木秀俊, 藤田浩二, 二村昭元, 大川淳. 高齢橈骨遠位端骨折患者の易骨折性の評価. 第66回東日本整形災害外科学会(2017年9月,東京)
  • 新開由香理, 堺正仁, 加藤龍一, 柳原弘志, 藤田浩二. 橈骨遠位端骨折患者は筋力が低下している. 第66回日本農村医学会学術総会(2017年10月,沖縄)
  • 柳原弘志, 藤田浩二, 新開由香理, 堺正仁, 加藤龍一. 橈骨遠位端骨折患者は体幹バランスが低下している. 第66回日本農村医学会学術総会(2017年10月,沖縄)
  • Koji Fujita, Hidetoshi Kaburagi, Akimoto Nimura, Takashi Miyamoto, Ryuichi Kato, Atsushi Okawa. Distal radius fracture patients over 70 years of age showed declined body balancing ability and osteoporosis. EuroHand 2017 (第22回欧州手の外科学会議)(2017年6月,ハンガリー ブダペスト)
2016年度
  • 太田剛, 二村昭元, 若林良明. 橈骨遠位端骨折の合併症と対策. 第9回日本手関節外科ワークショップ(2016年9月,岡山)
  • 青山広道, 藤田浩二, 宮本崇, 二村昭元. 橈骨遠位端骨折患者と骨密度の関連性. 第65回東日本整形災害外科学会(2016年9月,神奈川)
  • 鏑木秀俊, 藤田浩二, 二村昭元, 宮本崇, 大川淳. 橈骨遠位端骨折患者の体幹バランス、骨代謝状態の評価-ドミノ骨折予防のための基礎調査-.第18回日本骨粗鬆症学会(2016年10月,宮城)
  • 藤田浩二, 鏑木秀俊, 二村昭元, 宮本崇, 若林良明, 志村治彦, 松山嘉彦, 大沼円, 佐々木研, 関康弘, 大川淳. 橈骨遠位端骨折患者の運動能力解析. 第31回日本整形外科学会基礎学術集会(2016年10月,福岡)
  • Koji Fujita, Hidetoshi Kaburagi, Takashi Miyamoto, Yoshiaki Wakabayashi, Ryuichi Kato, Otsushi Okawa. Distal radius fracture patients show declined ability of dynamic body balancing. 71th Annual meeting of the ASSH(American Society for Surgery of the Hand) (2016年9月,アメリカ テキサス)

共同研究講座「運動器機能形態学分野」の研究実績の紹介

共同研究講座では、臨床研究、メゾ解剖学、ならびに画像診断学等の手法を駆使し、構造と機能の観点から、運動器(脊椎、骨、関節、筋肉、神経等)に関する疾患、障害について研究を行っています。
運動器、特に上肢関節に関する画像診断やその構造について、わかりやすく論説しました。

主な発表内容

2019年度
  • 二村昭元, 秋田恵一. 腱板断裂手術に役立つ肩の解剖.整形外科最小侵襲手術ジャーナル2019;91:2-8.
  • Hisayo Nasu,Phichaya Baramee,Natnicha Kampan,Akimoto Nimura,Keiichi Akita. An anatomic study on the origin of the long head of the triceps brachii. JSES Open Access 2019;3:5-11.
  • Masahiro Tsutsumi,Akimoto Nimura,Eisaburo Honda,Hajime Utsunomiya,Soshi Uchida,Keiichi Akita. An anatomical study of the anterosuperior capsular attachment site on the acetabulum. The Journal of Bone and Joint Surgery. American volume 2019;101(17):1554-1162.
  • Koji Fujita,Kenji Kimori,Akimoto Nimura,Atsushi Okawa,Yoshikazu Ikuta. MRI analysis of carpal tunnel syndrome in hemodialysis patients versus non-hemodialysis patients: a multicenter case-control study. Journal of Orthopaedic Surgery and Research 2019;14:91.
2018年度
  • 二村昭元,秋田恵一.インナーマッスルとアウターマッスルの解剖学.臨床スポーツ医学 2018;35(10):998-1003.
  • 二村昭元,那須久代,秋田恵一.肩関節複合体の構造.臨床スポーツ医学 2019;36(2):116-121.
  • 鈴木志郎,藤田浩二,宮本崇,二村昭元.掌側月状骨窩骨片を伴う掌側転位型橈骨遠位端骨折に対するVariable Angle LCP Volar Rim Plateの使用経験.日本手外科学会雑誌 2018;34(5):740-743.
  • 志村治彦,佐藤哲也,二村昭元.骨端線閉鎖前の小児肘関節脱臼は高率に骨折を合併する-CTによる検討.整形外科 2018;69(5):410-413.
  • Koji Fujita,Hidetoshi Kaburagi,Akimoto Nimura,Takashi Miyamoto,Yoshiaki Wakabayashi,Yasuhiro Seki,Hiromichi Aoyama,Haruhiko Shimura,Ryuichi Kato,Atsushi Okawa.Lower grip strength and dynamic body balance in women with distal radial fractures. Osteoporosis International 2019;30(5):949-956.
  • Masahiro Tsutsumi,Akimoto Nimura,Keiichi Akita.The gluteus medius tendon and its insertion sites :An anatomical study with possible implications for gluteus medius tears.The Journal of Bone and Joint Surgery 2019;101(2):177-184.
  • Kentaro Amaha,Akimoto Nimura,Reiko Yamaguchi,Natnicha Kampan,Atsushi Tasaki,Kumiko Yamaguchi,Ryuichi Kato,Keiichi Akita.Anatomic study of the medial side of the ankle base on the joint capsule: an alternative description of the deltoid and spring ligament.Journal of Experimental Orthopaedics 2019;6(1):2.
  • Reiko Yamaguchi,Akimoto Nimura,Kentaro Amaha,Kumiko Yamaguchi,Yuko Segawa,Atsushi Okawa,Keiichi Akita.Anatomy of the tarsal canal and sinus in relation to the subtalar joint capsule. Foot & Ankle International 2018;39(11):1360-1369.
  • Shota Hoshika,Akimoto Nimura,Reiko Yamaguchi,Hisayo Nasu,Kumiko Yamaguchi,Hiroyuki Sugaya,Keiichi Akita.Medial elbow anatomy: A paradigm shift for UCL injury prevention and management.Clinical Anatomy 2019;32(3):379-389.
2017年度
  • 二村昭元, 志村治彦, 秋田恵一. Complex elbow instabilityの診断・治療に必要な機能解剖(外側). 整形・災害外科.2017;60(9):1061-1065.
  • 那須久代, 二村昭元, 秋田恵一. 膝前外側支持組織の解剖. 整形外科最小侵襲手術ジャーナル.2018;86:11-17.
  • 柳澤克昭, 吉村英哉, 望月智之, 二村昭元, 新谷尚子, 安宰成. 鏡視下腱板修復における術後早期疼痛の術式による違い. 肩関節.2017;41(3):741-744.
  • 太田剛, 大沼円, 若林良明, 二村昭元, 石突正文, 大川淳. 超音波による骨折治療:指節骨難治性骨折に対する低出力超音波骨折治療の有効性. 別冊整形外科.2017;36(7):137-140.
  • 中澤正孝, 二村昭元, 秋田恵一. 肘の超音波画像観察に役立つ関節解剖学. 日本超音波骨軟組織学術研究.2017;16(2):23-28.
  • 能瀬宏行, 若林良明, 品田春生, 二村昭元. 尺骨遠位端骨折を伴った橈骨遠位端骨折の特徴. 日本手外科学会雑誌.2017;33(4):525-528.
  • 大沼円, 太田剛, 二村昭元, 若林良明, 大川淳. Variable angle LCP volar Rim plateを用いた橈骨遠位端骨折の治療成績-DVR anatomic plateとの比較-. 日本手外科学会雑誌.2017;33(5):674-677.
  • 志村治彦, 富澤將司, 小山恭史, 山本皓子, 二村昭元, 藤田浩二. 母指MP関節ロッキングの治療経験. 東日本整形災害外科学会雑誌.2017;29(4):446-449.
  • Hitomi Fujishiro, Sachiyuki Tsukada, Tomomasa Nakamura, Akimoto Nimura, Tomoyuki Mochizuki, Keiichi Akita. Attachment area of fibres from the horns of lateral meniscus: anatomic study with special reference to the positional relationship of anterior cruciate ligament. Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy.2017;25(2):368-373.
  • Junichiro Hamada, Akimoto Nimura, Kunio Yoshizaki, Keiichi Akita. Anatomic study and electromyographic analysis of the teres minor muscle. Journal of shoulder and elbow surgery.2017;26(5):870-877.
  • Hisayo Nasu, Akimoto Nimura, Sara Sugiura, Hitomi Fujishiro, Hideyuki Koga, Keiichi Akita. An anatomic study on the attachment of the joint capsule to the tibia in the lateral side of the knee. Surgical and Radiologic Anatomy.2018;40(5):499-506.
  • Motoki Tanaka, Akimoto Nimura, Norimasa Takahashi, Tomoyuki Mochizuki, Ryuichi Kato, Hiroyuki Sugaya, Keiichi Akita. Location and thickness of delaminated rotator cuff tears: cross-sectional analysis with surgery record review. JSES Open Access.2018;2(1):84-90.
  • Tetsuya Sato, Akimoto Nimura, Reiko Yamaguchi, Koji Fujita, Atsushi Okawa, Keiichi Akita. Intramuscular tendon of the adductor pollicis and underlying capsule of the metacarpophalangeal joint: An anatomical study with possible implications for the Stener lesion. Journal of Hand Surgery.2018;43(7):682.e1-682.e8.
2016年度
  • 鈴木志郎, 宮本崇,二村昭元. 運動器疾患の画像診断 上肢1 肩関節疾患の画像診断.理学療法.2016;33(4):351-363.
  • 志村治彦, 二村昭元. 運動器疾患の画像診断 上肢2 成人の肘関節外傷.理学療法.2016;33(5):457-467.
  • 佐藤哲也, 二村昭元, 中川照彦. 運動器疾患の画像診断 上肢3 スポーツによる肘関節障害.理学療法.2016;33(6):545-556.
  • 若杉琢磨, 二村昭元. 運動器疾患の画像診断 上肢4 手指外傷(骨折,腱損傷など).理学療法.2016;33(7):647-655.
  • 石井宣一, 藤田浩二, 宮本崇, 二村昭元. 運動器疾患の画像診断 上肢6 上肢末梢神経障害.理学療法.2016;33(9):833-841.
  • 宮本崇, 中川照彦. 痛みに関する整形外科領域の画像診断 肩関節・股関節・膝関節疾患による痛み 肩の痛みの画像診断.ペインクリニック.2016;37:S573-S580.
  • Akimoto Nimura, Hisayo Nasu, Tomoyuki Mochizuki, Keiichi Akita. Anatomy. Tamai, K., Itoi, E.,& Takagishi, K.(Eds.). Advances in Shoulder Surgery. Springer. pp1-20. (2016.7)
  • Keiichi Akita and Akimoto Nimura. 32.Arm Muscles. Tubbs, R. S., Shoja, M. M., & Loukas, M.(Eds.). Bergman's Comprehensive Encyclopedia of Human Anatomic Variation. John Wiley & Sons. pp293-297. (2016.7)
  • Keiichi Akita and Akimoto Nimura. 33.Forearm Muscles. Tubbs, R. S., Shoja, M. M., & Loukas, M. (Eds.). Bergman's Comprehensive Encyclopedia of Human Anatomic Variation. John Wiley & Sons. pp298-314. (2016.8)

運動器の中で関節という構造を考えるときに、関節近傍に固有の靭帯、筋、腱等の周辺構造同士の相互関係を解剖学的に解明することが、臨床上関節の脆弱性、安定性を理解するために重要であるとの考えから、特に「関節包」という構造に注目をして研究を行っています。

関連する主な学会発表

2018年度
肩関節
  • 小山恭史,志村治彦,富澤將司,仲津留恵日,山本皓子,二村昭元,藤田浩二,大川淳.鎖骨骨折手術における鎖骨上神経温存の意義.第91回日本整形外科学会学術総会(2018年5月,兵庫)
  • 二村昭元.臨床に役立つ肩関節の解剖について.第7回香川県肩関節研究会(2018年8月,香川)
  • 二村昭元.肩関節の解剖について.岡山Mitekセミナー(2018年12月,岡山)
肘関節
  • 星加昭太,二村昭元,菅谷啓之,高橋憲正,秋田恵一.肘関節内側における安定化機構に関する解剖学的特徴.第91回日本整形外科学会学術総会(2018年5月,兵庫)
  • 星加昭太,二村昭元,菅谷啓之,秋田恵一.肘内側支持機構の微細構造.第44回日本整形外科スポーツ医学会学術集会(2018年9月,徳島)
  • 二村昭元,鈴木志郎,星加昭太,秋田恵一,藤田浩二.肘関節尺側側副靱帯の解剖.第31回日本肘関節学会学術総会(2019年2月,北海道)
  • Akimoto Nimura,Keiichi Akita.Anatomy based on the common pathologies around the elbow joint.8th Asia Pacific International Congress of Anatomists(2018年10月,韓国)
手指関節
  • 二村昭元.骨形態・組織に基づくTFCCの解剖学的解析.第16回東京スポーツ整形外科研究会(2018年4月,東京)
  • 二村昭元,藤田浩二,宮本崇,秋田恵一.骨形態解析に基づいた三角線維軟骨と尺骨遠位端との線維性連続の局在.第61回日本手外科学会学術集会(2018年4月,東京)
  • 二村昭元,堀内沙矢,野崎太希,藤田浩二,大川淳,加藤龍一,秋田恵一.三角線維軟骨の尺骨遠位端に対する付着部の局在と骨形態の関係-解剖学的研究-.第91回日本整形外科学会学術総会(2018年5月,兵庫)
  • 志村治彦,竹村昌敏,小山恭史,串田淑久,鏑木秀俊,二村昭元,藤田浩二,大川淳.当院における橈骨遠位端(脆弱性)骨折患者の骨粗鬆症治療率.第67回東日本整形災害外科学会(2018年9月,秋田)
2017年度
肩関節
  • 柳澤克昭, 吉村英哉, 望月智之, 二村昭元, 宇土美於, 日山鐘浩, 吉原有俊. スーチャーブリッジ法における術後早期での疫痛残存の検討. 第44回日本肩関節学会(2017年10月,東京)
  • 山本司, 安藤綾香, 上木麻衣子, 二村昭元, 神野哲也. 健常者の上肢回旋運動に寄与する上腕・前腕運動の相補性について. 第44回日本肩関節学会(2017年10月,東京)
  • 佐藤哲也, 中川照彦, 土屋正光, 長瀬寅, 二村昭元, 鈴木志郎, 佐々木研, 大川淳. 陳旧性上腕骨近位端骨折に対するリバース型人工肩関節置換術の治療経験. 第58回関東整形災害外科学会(2018年3月,東京)
  • Tomoyuki Mochizuki, Akimoto Nimura, Keiichi Akita. Rotator cuff Anatomy revisited. The 1st Asia-Pacific Shoulder & Elbow Symposium (第1回アジア太平洋肩肘シンポジウム)(2017年10月,東京)
肘関節
  • 二村昭元. 肘内側支持機構の解剖 病態理解のために. 第15回東京スポーツ整形外科研究会(2017年4月,東京)
  • 星加昭太, 二村昭元, 菅谷啓之, 高橋憲正, 秋田恵一. 肘関節内側における安定化機構に関する解剖学的特徴. 第43回日本整形外科スポーツ医学会(2017年9月,宮崎)
  • Akimoto Nimura, Shota Hoshika, Hiroyuki Sugaya, Keiichi Akita. Anatomy of Medial Ligament Complex in Elbow. The 1st Asia-Pacific Shoulder & Elbow Symposium (第1回アジア太平洋肩肘シンポジウム)(2017年10月,東京)
  • Akimoto Nimura, Shota Hoshika, Reiko Yamaguchi, Hiroyuki Sugaya, Keiichi Akita. Reconsideration of the anatomy regarding the ulnar collateral ligament of the elbow in terms of the tendinous fascia. The 2018 Annual Meeting of the American Academy of Orthopaedic Surgeons (2018年3月,アメリカ ニューオーリンズ)
足関節
  • 服部惣一, 二村昭元, 田野敦寛, 山口玲子, 天羽健太郎. 超音波検査による踵腓靱帯損傷の動的評価-屍体を使用した予備研究-. 第42回日本足の外科学会学術集会(2017年11月,愛知)
  • Soichi Hattori, Akimoto Nimura, Reiko Yamaguchi, Kentaro Amaha, Keiichi Akita. Ultrasound Evaluation of Calcaneofibular Ligament in Cadavers. 第14回日仏整形外科合同会議(2017年5月,栃木)
  • Kentaro Amaha, Akimoto Nimura, Reiko Yamaguchi, Soichi Hattori, Keiichi Akita. Anatomic study regarding the medial side of the ankle based on the joint capsule. 第14回日仏整形外科合同会議(2017年5月,栃木)
手指関節
  • 佐藤哲也, 二村昭元, 宮本崇, 藤田浩二, 秋田恵一. Stener病変における母指内転筋腱と関節包の意義-母指MP関節尺側安定化機構に関する解剖学的解析. 第60回日本手外科学会学術集会(2017年4月,愛知)
  • 石井宣一, 藤田浩二, 宮本崇, 二村昭元. 手根管症候群における「痺れ」の病態による分類の試み. 第60回日本手外科学会学術集会(2017年4月,愛知)
  • 黒岩智之, 藤田浩二, 二村昭元, 宮本崇, 大川淳. 母指対立動作時の回内運動の動的測定-正中神経麻痺による対立障害の新たな評価-. 第32回日本整形外科学会基礎学術集会(2017年10月,沖縄)
  • Akimoto Nimura, Tetsuya Sato, Reiko Yamaguchi, Koji Fujita, Takashi Miyamoto, Keiichi Akita. Intramuscular tendons of the adductor pollicis and the thumb metacarpophalangeal joint capsule: an anatomic study with implications regarding Stener lesion. EuroHand 2017 (第22回欧州手の外科学会議) (2017年6月,ハンガリー ブタペスト)
2016年度
肩関節
  • 秋田恵一, 二村昭元, 加藤龍一. 腱板断裂の病態と修復に関する基礎研究 腱板および関節包のメゾ解剖学的研究. 第31回日本整形外科学会基礎学術集会(2016年10月,福岡)
  • Daisuke Momma, Akimoto Nimura, Tadanao Funakoshi, Keiichi Akita, Norimasa Iwasaki. Anatomical analysis of the articular capsule based on the widths between the footprints. The 13th International Congress of Shoulder and Elbow Surgery (ICSES2016) (2016年5月,韓国)
  • Tomoyuki Mochizuki, Akimoto Nimura, Keiichi Akita. Where is the real anatomical footprint of the rotator cuff? 2016 APKASS (Asia-Pacific Knee, Arthroscopy and Sports Medicine Society) Congress & the 13th IFOSMA (International Forum of Orthopaedic Sports Medicine and Arthroscopic Surgery) (2016年6月,香港)
肘関節
  • 二村昭元, 志村治彦, 今谷潤也, 秋田恵一. 「関節包」を基に考える肘関節外側の解剖学的特徴. 第42回日本骨折治療学会(2016年7月,東京)
  • 星加昭太, 高橋憲正, 菅谷啓之, 二村昭元, 佐藤哲也, 秋田恵一. 肘関節内側における安定化機構に関する解剖学的特徴. 第29回日本肘関節学会学術集会(2017年2月,東京)
  • 二村昭元, 宮本崇, 藤田浩二, 秋田恵一. 肘関節内・外側安定化構造に関する解剖学的解析. 第31回東日本手外科研究会(2017年2月,北海道)
膝関節
  • 那須久代, 杉浦沙羅, 二村昭元, 古賀英之, 秋田恵一. 膝関節外側における関節包の付着形態に関する解剖学的研究. 第8回 JOSKAS日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(2016年7月,福岡)
足関節
  • 天羽健太郎, 二村昭元, 秋田恵一. 関節包に基づく足関節内側に関する解剖学的研究. 第8回JOSKAS日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(2016年7月,福岡)
  • 天羽健太郎, 二村昭元, 服部惣一, 山口玲子, 秋田恵一. 足関節内側に関する関節包に基づく解剖学的研究. 第41回日本足の外科学会・学術集会(2016年11月,奈良)
手指関節
  • 佐藤哲也, 二村昭元, 中川照彦, 宮本崇, 藤田浩二, 秋田恵一. 母指MP関節における尺側部安定化機構の解剖学的研究. 第31回東日本手外科研究会(2017年2月,北海道)