Now Loading...

Now Loading...

医療費研修

医研レポート

自動車・自賠責共済に関する医療・法律の専門情報誌として、周辺情報やトピックスを織り込みながら、共済事業を運営する実務担当者の知識向上に寄与することを目的に、四半期ごとに発行しています。(年4回発行)

法律

タイトル 掲載号
打撲・捻挫事案対応上の医療的な留意点 No.103
Winter 2019
一括払の法的性質と実務上の留意点 No.102
Autumn 2018
自動運転をめぐる法律問題 No.101
Summer 2018
債務不存在確認訴訟と確認の利益
-頚椎捻挫事案を通じて-
No.100
Spring 2018
軽微物損事故で受傷を否定した画期的判決について No.99
Winter 2018
認知高齢者の損害賠償責任 No.98
Autumn 2017
交通事故事件と柔道整復師問題 No.97
Summer 2017
目に見えにくい後遺障害について(2) No.96
Spring 2017
目に見えにくい後遺障害について(1) No.95
Winter 2017
高次脳機能障害の後遺障害等級について No.94
Autumn 2016
頚椎捻挫に関する近時の裁判例について No.93
Summer 2016
「PTSD」とこれに関する近時の裁判例について No.92
Spring 2016
「CRPS」の基本的事項の確認とこれに関する裁判例について No.91
Winter 2016
判例から見た損害調査の原点 No.88
Spring 2015
軽微物損事故に対する医療対策実務-具体的事件を通じて No.87
Winter 2015
素因減額-近時の裁判例の検討- No86
Autumn 2014
素因減額-問題の所在と最高裁が示す準則- No85
Summer 2014
債務不存在確認訴訟について考える No84
Spring 2014
弁護士の有効活用 No83
Winter 2014
軽微物損受傷疑義事案の対応 No82
Autumn 2013
続 痛みをめぐる法的問題 No81
Summer 2013
痛みをめぐる法的問題 No80
Spring 2013
もう一つの首長事件・そして首無し事件 No79
Winter 2013
10円判決の意義と一括払いについて No78
Autumn 2012
低髄液圧症候群の判例動向と今後の着眼点(2) No77
Summer 2012
低髄液圧症候群の判例動向と今後の着眼点(1) No76
Spring 2012
『損害調査業務の原点』に戻ろうではないか!! No75
Winter 2012
素因のある被害者と示談交渉する場合の心得 No74
Autumn 2011
認知症高齢者の交通事故被害者との対応(示談等)について No73
Summer 2011
損害賠償入門(3) No72
Spring 2011
損害賠償入門(2) No71
Winter 2011
損害賠償入門(1) No70
Autumn 2010
不法行為に関する最近の判例 No68
Spring 2010
過失相殺における 被害者側の過失(2) No67
Winter 2010
過失相殺における 被害者側の過失(1) No66
Autumn 2009
自動車事故での「支払不能通知」終了事案 No65
Summer 2009
保険法改正と損害賠償実務 No64
Spring 2009
交通事故賠償における非器質性精神障害 No62
Autumn 2008
弁護士から見た交通事故事件 No61
Summer 2008
低髄液圧症候群を巡る最近の議論の整理 No60
Spring 2008
医療訴訟における因果関係の立証 No59
Winter 2008
胎児死亡による損害賠償請求権 No58
Autumn 2007
最近の人身事案に見る示談交渉に役立つ留意点 No57
Summer 2007
ADR法(裁判外紛争解決手続法)について No56
Spring 2007
「危険運転致死傷罪」の適用とその影響について No55
Winter 2007
自賠責保険・責任共済の支払基準の法的拘束力を巡る最高裁判決について No54
Autumn 2006
賠償科学入門 No52
Spring 2006
日弁連交通事故相談センターにおける相談日誌 No51
Winter 2006
「自動車保険における人身傷害保障特約の扱い方」 No50
Autumn 2005
交通事故と医療過誤の競合事案の対処方法 No49
Summer 2005
損害調査における個人情報保護法の影響 No48
Spring 2005
過失の競合 -共同不法行為の話 No47
Winter 2005