Now Loading...

Now Loading...

研究員紹介

  • 事故・医療
  • 医療研究研修部 主任研究員

新開 由香理Yukari Shinkai

研究・業務紹介

 外因により怪我をすると治療を受けても障害が残ることがあります。その障害は、外因による衝撃で受けた怪我(傷害)の他にも様々な要因が複雑に絡み合った結果です。
 損害賠償の分野では、傷害の重症度、傷害以外の要因の影響度、障害の程度を評価することは重要な論点です。そのことから、傷害と障害を評価する手法や障害に影響を及ぼす多くの要因に関する調査や研究を行っています。

当研究所機関誌掲載論文・レポート

  • 頚椎捻挫に関する裁判例の傾向分析 治療期間を判断した裁判例の検討(「共済総合研究 Vol.37」2001年1月)
  • 頚椎捻挫に関する裁判例の傾向分析 治療期間を短縮認定した裁判例について(「共済総合研究 Vol.31」1999年7月)
  • 頚椎捻挫に関する裁判例の傾向分析 入院治療及び柔道整復などの医業類似行為が否定された裁判例について(「共済総合研究 Vol.30」1999年4月)

論文

  • 脳損傷後の高次脳機能障害の評価における神経心理学的検査の現状. 損害保険研究, 2017, 79(2): 171-193.
  • 外傷性頚部症候群による長期休業に腰痛の併発が及ぼす影響. 整形・災害外科, 2016, 59(8): 1121-1130.
  • Risk Factors for Prolonged Treatment of Whiplash-Associated Disorders. PloS One, 2015, 10(7): e0132191.
  • 高次脳機能障害の認否が争われた裁判例の判断に関する考察. 賠償科学, 2014, 40: 21-31.

学会発表など

  • 橈骨遠位端骨折患者は筋力が低下している. 第66回日本農村医学会学術総会(2017年10月,沖縄)
  • 外傷性頚部症候群による長期休業に関連する因子. 第65回日本農村医学会学術総会(2016年10月,三重)

寄稿など

  • 橈骨遠位端骨折患者は筋力が低下している. 日本農村医学会雑誌, 2017, 66(3): 359.
  • 橈骨遠位端骨折患者は体幹バランスが低下している. 日本農村医学会雑誌, 2017, 66(3): 359.
  • 外傷性頸部症候群による長期休業に関連する因子. 日本農村医学会雑誌, 2016, 65(3): 591.
  • 頸椎捻挫に関する裁判例の傾向分析‐治療期間を判断した裁判例の検討 (下). インシュアランス 損保版, 2000, 3914: 17-23.
  • 頸椎捻挫に関する裁判例の傾向分析‐治療期間を判断した裁判例の検討 (中). インシュアランス 損保版, 2000, 3913: 20-23.
  • 頸椎捻挫に関する裁判例の傾向分析‐治療期間を判断した裁判例の検討 (上). インシュアランス 損保版, 2000, 3912: 14-19.
  • 頸椎捻挫に関する裁判例の傾向分析‐入院治療及び柔道整復などの医業類似行為が否定された裁判例について (下). インシュアランス 損保版, 1999, 3870: 20-23.
  • 頸椎捻挫に関する裁判例の傾向分析‐入院治療及び柔道整復などの医業類似行為が否定された裁判例について (上). インシュアランス 損保版, 1999, 3869: 18-23.
  • 頸椎捻挫に関する裁判例の傾向分析‐治療期間を短縮認定した裁判例について.インシュアランス 損保版, 1999, 3868: 14-19.