Now Loading...

Now Loading...

研究員紹介

  • 事故・医療
  • 医療研究研修部 研究員

堺 正仁Masahito Sakai

研究・業務紹介

 交通事故によるむち打ち損傷(外傷性頚部症候群、頚椎捻挫)は、損害賠償の分野では様々な論点が存在しており、このむち打ち損傷の諸問題について研究を行っています。
 また、交通事故後の眼科的症状について、裁判例、文献等を収集し、損害賠償での問題とその傾向の分析を行っています。

当研究所機関誌掲載論文・レポート

寄稿など

  • 橈骨遠位端骨折患者は筋力が低下している. 日本農村医学会雑誌, 2017, 66(3): 359.
  • 橈骨遠位端骨折患者は体幹バランスが低下している. 日本農村医学会雑誌, 2017, 66(3): 359.