研究員紹介

  • 地域社会・生活・環境
  • 調査研究部 研究員

大友 和佳子Wakako Otomo

研究・業務紹介

 気候変動や戦争など様々なグローバルな危機を抱える時代において、国内においても人口減少に端を発する様々な課題が生じています。そうした多様な課題に対し、市民が主体的に対応する地域づくりの可能性に着目しています。
 具体的には、地方移住、地域資源を活用した地方における起業や人材育成、食と農をつなぐ存在として農家レストラン、JA等が関連する社会連帯経済等に着眼し研究を進めています。

当研究所機関誌掲載論文・レポート