Now Loading...

Now Loading...

研究員紹介

  • 農業・農村・JA
  • 調査研究部 研究員

大友 和佳子Wakako Otomo

研究・業務紹介

 現代日本においては、環境・エネルギー・食料・人口バランスなどの点から持続可能性が緊急の課題となっています。また、グローバリゼーションが急速に進展し世界の不安定性が増す中、地域社会の在り方を問い直すローカライゼーションの流れも顕著です。私は、主にローカライゼーション(地域を主体とした動き)における「食と農」の在り方に焦点をあてて研究をしています。
 具体的には、東日本大震災後の地域社会の変化、都市と農村の新しい関係を創る素材として農家レストラン(農村レストラン)を取り上げ、その実態や課題、今後の発展方向について研究を進めています。

当研究所機関誌掲載論文・レポート