東京医科歯科大学との共同研究講座について

一般社団法人 JA共済総合研究所は、平成28年4月から東京医科歯科大学と共同研究を行うために共同研究講座(ジョイントリサーチ講座)を設置いたしました。

設置目的

わが国では高齢化が進行し、大きな社会問題となっていますが、特に農山漁村地域においてはその進行が著しく、医療・介護問題等様々な課題が生じています。そのため、臨床研究、解剖学、ならびに画像診断学等の手法を駆使し、運動器の機能、構造、形態、疾患、障害を総合的・多角的に解明し予防することにより、超高齢社会における農山漁村の地域住民、延いては国民の健康維持、増進を図り、社会全体の公益に寄与することを研究目的として東京医科歯科大学と共同研究講座を設置いたしました。

設置講座

運動器機能形態学講座
Department of Functional Joint Anatomy

【東京医科歯科大学 運動器機能形態学講座ホームページ】
http://www.med.tmd.ac.jp/medicine/departments/1163.html

主な研究内容

運動器の健康の維持、ならびに健康の阻害要因となり得る運動器障害の解明、予防のための研究を行います。
現在は上肢(肩、肘、手関節)の障害と地域在住者の転倒に関する研究を中心に行っています。

ページトップへ