Now Loading...

Now Loading...

農業・農村・JA

農山漁村地域における生活の安定に資するべく、地域再生に対するJAをはじめとした様々な取組みについて調査・研究を行っています。

平成28年度

タイトル 研究者(窓口) キーワード 掲載誌
未来の人財育成に果たす域学連携の役割
―長崎県対馬市を事例として― [PDF 2.4MB]
対馬市しまづくり推進部
市民協働・交通対策課
主任 前田 剛
(髙木 英彰)
域学連携、地方創生、担い手育成 共済総合研究
Vol.74
日本の伝統農村における社会福祉制度
―江戸時代を中心に― [PDF 1.7MB]
東京大学大学院 農学生命科学研究科 講師
当研究所 客員研究員
戸石 七生
(髙木 英彰)
生類憐みの令、葬式仏教の成立、ケガレ 共済総合研究
Vol.74
政権再交代と農家の意識変化
―農家・組合員からみた近年の農政展開の受け止め方とその含意― [PDF 2.3MB]
山梨大学大学院 医学工学総合研究部 教授
当研究所 客員研究員
渡辺 靖仁
(髙木 英彰)
ソーシャルキャピタル、結束性、排他性、橋渡し性 共済総合研究
Vol.74
飼料用米利用による稲作・畜産経営への影響に関する調査研究 [PDF 2MB] 東京大学 農学部
田村 優斗
一般社団法人 JC総研
基礎研究部 客員研究員
姜 薈
東京大学大学院
農学生命科学研究科 特任助教
佐藤 赳
東京大学大学院
農学生命科学研究科 教授
当研究所 客員研究員
鈴木 宣弘
(髙木 英彰)
コメ・畜産物の需給、飼料用米、人口動態、貿易自由化 共済総合研究
Vol.74
農山村地域の魅力とその要素に関する分析
―対馬市 佐須地域住民による地域への評価に基づいて― [PDF 2.5MB]
髙木 英彰 地域住民アンケート、定住継続意向、地域への愛着 共済総合研究
Vol.73
<連載>農村生活のすすめ
第13回:「ヒト・モノ・カネ」についてのコラム [PDF 709KB]
川井 真 社会システム、貨幣、自然 共済総研レポート
No.149
<震災復興現地レポート Vol.16>
伊達地域で「あんぽ工房みらい」本格稼働
〜福島県・JAふくしま未来 震災から6年目の大型合併、地域農業復興に向け「作り続ける」JAと生産者の取組み〜 [PDF 962KB]
震災復興調査班
(上田 晶子)
震災復興、農業再生、あんぽ柿 共済総研レポート
No.149
地方創生と伝統行事
〜土地の記憶を行動で共有する〜
③「脚折雨乞」(前編) [PDF 1.1MB]
平沼 浩 住民、復活、行動、水の神 共済総研レポート
No.149
信州エクスターンシップの横断的位置づけと今後の研究開発課題に関する試論 [PDF 813KB] 髙木 英彰 インターンシップ、信州エクスターンシップ 共済総研レポート
No.148
地方創生と伝統行事
土地の記憶を行動で共有する
②「肥土山と中山の虫送り」 [PDF 1.1MB]
平沼 浩 住民、復活、行動、物語 共済総研レポート
No.148
<連載>農村生活のすすめ
第12回:「働き方」についてのコラム [PDF 655KB]
川井 真 労働観、信州エクスターンシップ 共済総研レポート
No.147
「信州エクスターンシップ」開催報告
〜長野から始まる、人材還流戦略の改革〜 [PDF 881KB]
川尻 知弥 信州エクスターンシップ、インターンシップ、異文化体験 共済総研レポート
No.147
<震災復興現地レポート Vol.15>
震災から5年、将来の地域農業の基盤確立を目指して
〜JA仙台・JAいしのまきと管内農業生産法人の取組み〜 [PDF 3.6MB]
震災復興調査班
(上田 晶子)
震災復興、農業生産法人、農業再生 共済総研レポート
No.147
地方創生と伝統行事
〜土地の記憶を行動で共有する〜
① 壬生の花田植 [PDF 1.1MB]
平沼 浩 住民、復活、行動 共済総研レポート
No.147
<連載>農村生活のすすめ
第11回:「とよた森の音楽祭」を回想して [PDF 4.2MB]
川井 真 とよた森の音楽祭 共済総研レポート
No.146
<震災復興現地レポート Vol.14>
「母ちゃんハウスだぁすこ」沿岸店 待望の開店
岩手県・JAいわて花巻
〜震災から5年、「結いの心」の新たな拠点づくりが始動〜 [PDF 2MB]
震災復興調査班
(上田 晶子)
震災復興、直売所、地産地消 共済総研レポート
No.146
対馬市佐須地域における地域づくり会議の展開(2) [PDF 1.1MB] 髙木 英彰 地域づくり、住民会議 共済総研レポート
No.146
対馬市佐須地域における地域づくり会議の展開(1) [PDF 1.1MB] 髙木 英彰 地域づくり、住民会議 共済総研レポート
No.144

※()括弧内は問い合わせ先窓口となる研究員