Now Loading...

Now Loading...

共済総合研究・別冊

共済総合研究の別冊として、JA共済総研セミナーの講演録等をまとめて、特集号として発刊しています。

共済総合研究・別冊(2014.10)

平成25年度JA共済総研セミナー[公開研究会]

自然と人間の協働による永続的な地域社会づくり

〜食・自然エネルギー・ケアでつながる新たな生活基盤の可能性を探る〜
共済総合研究・別冊

『共済総合研究』別冊として、JA共済総研セミナー「自然と人間の協働による永続的な地域社会づくり」(2014年3月12日開催)の特集号を発行いたしました。既に『共済総研レポート』No.132(2014年4月発行)にて速報を行いましたが、本誌はセミナーのディスカッションを含めた全文掲載です。またエピローグとして当日インキュベーターを務めて下さった中沢新一先生にもご寄稿をいただきました。

共済総合研究・別冊
ジャンル タイトル 執筆者 掲載ページ
『自然と人間の協働による永続的な地域社会づくり』の刊行にあたって [PDF 714KB] 調査研究部 次長
佐藤 隆介
2P〜5P
個別報告 趣旨説明 [PDF 1.2MB] 調査研究部 主席研究員
川井 真
14P〜21P
本研究のコンセプトと背景にある1960年代以降の思想、21世紀の「共」が担う“まちづくり”のあり方について説明します。
個別報告1 中山間地域医療機関を拠点とした
地域コミュニティ再生構想 [PDF 1.5MB]
愛知県厚生連足助病院 院長
一般社団法人 日本農村医学会 理事長
早川 富博
22P〜33P
足助病院を拠点とし、中山間地域住民が安心して暮らし続けるための取組み「いきいき生活支援」事業について報告します。
個別報告2 地域と共にJA愛知東が目指す相互扶助の土壌づくり〜東三河の水と緑と食を活かすJAを目指して〜 [PDF 1.7MB] 愛知東農業協同組合 代表理事組合長
河合 勝正
34P〜45P
JA愛知東における「組合員組織」「女性部」「助け合い組織」など、組織活動支援の取組みについて報告します。
個別報告3 再生可能エネルギーの導入と地域活性化〜「里山資本主義」の道のり〜 [PDF 1.5MB] 東京農業大学農山村支援センター 副代表
NPO法人 共存の森ネットワーク 理事長
澁澤 寿一
46P〜59P
岡山県真庭市で、いわゆる”よそ者”として地元住民とエネルギー自給が可能な地域づくりに取り組んできた経緯を報告します。
ディスカッション 食・自然エネルギー・ケアでつながる新たな生活基盤の可能性を探る [PDF 1.5MB] パネリスト
愛知県厚生連足助病院 院長
一般社団法人 日本農村医学会 理事長
早川 富博
愛知東農業協同組合 代表理事組合長
河合 勝正
東京農業大学農山村支援センター 副代表
NPO法人 共存の森ネットワーク 理事長
澁澤 寿一
当研究所 理事長
町田 勝弘
インキュベーター
明治大学 特任教授
同大学野生の科学研究所 所長
中沢 新一
コーディネーター
川井 真
62P〜115P
今後の資本主義と農業の方向性、「地域」と女性・若者・高齢者との関係、『聞き書き』の活用、食・農・健康に関わるJAの存在意義などをめぐり、議論を展開します。
エピローグ 「組合」の未来を開く〜あとがきにかえて〜 [PDF 724KB] 明治大学 特任教授
同大学野生の科学研究所 所長
中沢 新一
118P〜126P
個別報告、ディスカッション、協同組合の歴史的背景をふまえ、農業者の組合の今後の方向性、現代的な重要性を提示します。

文責 調査研究部