Now Loading...

Now Loading...

研究員紹介

  • 共済・保険・社会保障・社会福祉
  • 調査研究部 主任研究員

濱田 健司Kenji Hamada

研究・業務紹介

 障害者・生活困窮者・高齢者等が地域の農林水産業および商業・工業などに従事することで地域を活性化していく農福連携、農福+α連携の取り組みについての研究、JA共済の介護ノウハウを活用した、JA及び関係者への介護ノウハウの提供活動業務等を行っています。また農林水産省・厚生労働省・都道府県・中間支援団体等での講演、関係機関・関係者等への助言、テレビ出演なども実施しています。

知的障害者によるマルチの整備

当研究所機関誌掲載論文・レポート

そのほか共済総研レポートを中心に所内報告書多数。

著作

単著

  • 「農の福祉力で地域が輝く
    ―農協+α連携の新展開―」(創森社,2016.11)
  • 「農福連携の「里マチ」づくり」(鹿島出版会,2015.12)

共著

  • 濱田健司「高齢者福祉と協同組合」(現代公益学会編「東日本大震災後の協同組合と公益の課題」文眞堂,2015.10所収。pp.130-148.)
  • 濱田健司「群馬県甘楽富岡農協での少量多品種生産への取組み」「都市近郊地域からみた農村地域において「高齢期」を暮らすための定住条件」(農協共済総合研究所・田畑保編「農へ還るひとたち」農林統計協会, 2005.8 所収。pp.273-285,pp.301-355.)

書評・寄稿等

  • 「福祉農業の現状,課題,展望」(『農業および園芸』2018年9月第93巻・第9号)
  • 「農福+α連携による「里マチ」づくり」(『月刊福祉』2018年1月第101巻・第1号)
  • 「農福連携とソーシャルコミュニティワーク」(『リハビリテーション』2017年4月No.592,pp.33-36)
  • 「農福連携の現状と課題」(『技術と普及』2017年4月No.54,pp21-23)
  • 「農福連携が地域を元気にする〜地方自治体の役割〜」『国際文化研修』(2017年3月春号,pp.18-23)
  • 「「農福+α 連携」で地域課題の解決へ」(『Agrio時事通信』2017年3月21日,pp.2-3)
  • 「進む!農福医連携」(『病院新聞』2017年1月27日、2月2日、9日、16日、23日、3月2日、9日)
  • 「「農福商工連携」、そして「農福+α連携」へ」(『地域づくり』2016年9月号,pp16-19)
  • 「町ぐるみの「農福連携」-「プロジェクトめむろ」の取り組み」(協同組合研究誌『にじ』JC総研No.652 2015・冬号,pp.98-108)
  • 「農業と福祉のニーズを結ぶ農福連携とは」(『農家の友』北海道農業改良普及協会2015年8月 第67巻第8号通巻792号,pp.84-86)
  • 「特集 町を支える障害福祉―農福連携/農福連携の現状と今後へ向けて」(『さぽーと』公益財団法人日本知的障害者福祉2014年12月,69号,pp.)
  • 「農福連携、高まる期待!」コラム26回(毎週土曜)連載(『日本農業新聞』2014年7月5日-12月27日)
  • 「「農の福祉力」を活かした障がい者就労への取り組み〜農業と福祉の連携〜」(「ダイバーシティの時代〜ユニバーサルデザイン・シンポジウム2013記録」公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会,2014.7,pp.88-93.)
  • (コメント)(「農業における障害者の就労の事例特別支援学級における農業に関する取組の状況について」『農〜英知と進歩〜』一般財団法人農政調査委員会, 2014.6,pp81-89.)
  • 福祉農業のとりくみの広がりとその可能性(「農業と経済11月号」2013年10月,pp.5-17.)
  • JAが高齢者生活・福祉支援に取り組む意義(「経営実務 2013増刊号」2013年9月,pp.62-71.)
  • 「農業分野における障害者就労と農村活性化」(農村活性化プロジェクト 研究資料第5号、農林水産政策研究所、2012.12.10,pp97-117.)
  • (書評)松本裕子著「贈与米のメカニズムとその世界」(「村落社会研究ジャーナル」第37号,日本村落研究会,2012.10,pp.58-59.)
  • 「農業戦力を考えるIII 〜障がい者農業の可能性〜 精神障がい者の働く場としての農業」)「週刊農林」第2159号,週刊農林編集部,2012.8.25,pp.6-7.)
  • 「農業戦力を考える 〜障がい者農業の可能性〜 農業に取り組む福祉」(「週刊農林」第2157号,週刊農林編集部,2012.7.25,pp.16-17.)
  • 「農業と福祉から見える「農生」の思想と新たな取り組みへ〜「集中管理雇用」モデルと「社会事業協同組合」のススメ」(「農村と都市をむすぶ」No.728,農村と都市を結ぶ編集部,2012.6,pp7-15.)
  • 「<社会的企業研究会>農業における障がい者就労の可能性と実践」(「社会運動」No.386,市民セクター政策機構,2012.5,pp40-47.)
  • 塩見直紀著「半農半Xという生き方 実践編」(「農業と経済」富民協会, 2007.3, p.87.)
  • 「高齢者が「安心」して暮らせる場づくりへのJAの取り組み」(「にじ」夏号協同経営研究所, 2006.5, pp.24-30.)
  • 「地域と共生するためのJA・連合会における社会貢献活動の意義と役割」(「経営実務」経営実務, 2004.9, pp.96-97.)

新聞、雑誌へのコメント掲載

  • 新聞「「農の福祉力」を地域の核に」時事通信i-JUMP(2018年12月3日)
  • 新聞「認知症フレンドリーイベント 報告(3完)=安心な毎日 みんなの手で」朝日新聞」(2018年10月26日)
  • 新聞「「農福連携」に注目」毎日新聞(2018年10月17日)
  • 新聞「障害者を農業の担い手に 「農福連携」推進探る」南日本新聞(2018年8月24日)
  • 新聞「ミツバチの恵み(2)=障害者の個性 養蜂で生かす」読売新聞(2018年7月27日)
  • 新聞「「農福連携」重要性に理解 基調講演やパネル討論」静岡新聞(2018年7月25日)
  • 新聞「農福連携の現場 広がるGAP」日本農業新聞(2018年5月2日)
  • 新聞「壁を越えて 障害者就労と地域=第3部 光と影(7)」山陽新聞(2018年4月20日)
  • 新聞「共生社会へ農福連携」農業共済新聞(2018年3月28日)
  • 新聞「食料フォーラム 農の福祉力」日本経済新聞(2018年3月20日)
  • 新聞「農業が自立応援」日本農業新聞(2018年3月20日)
  • 新聞「農業と福祉連携推進を」熊本日日新聞(2018年1月27日)
  • 新聞「障害者の就農 悩み刈り取れ」中日新聞(2017年11月17日)
  • 新聞「農福連携 地域に笑顔」読売新聞・京都府版(2017年11月12日)
  • 新聞「畜産経営で「農福連携」、シンポジウム開く」日刊アグリ・リサーチ(2017年10月25日)
  • 新聞「強い農業、障害者種まき」日本経済新聞(2017年10月9日)
  • 新聞「農福連携を全国的ムーブメントに」AgrioJijiPress(2017年9月19日)
  • 新聞「農福連携 栽培指導に課題」日本農業新聞(2017年9月13日)
  • 新聞「農業 広がる 福祉」朝日新聞・夕刊(2017年1月12日)

雑誌インタビュー

  • 「農福連携で労働老不足に取り組む 全農も一翼を担い、地域創生へ」(『JA全農ウィークリー』2018年12月vol.867)
  • 「農福+α連携で分断されない社会を実現」(『地域保健』2018年9月第49巻・第5号)
  • 「今月のInnovator」(『地域介護経営』2018年6月No.180)

講演等

テレビ出演

  • NHK教育テレビ
    TVシンポジウム「農の福祉力」(2018年3月3日)
  • NHK教育テレビ
    ハートネットTV「広がる農福連携」(2017年7月11日)
  • NHK札幌放送局
    北海道クローズアップ「障害者の参加で農業が変わる」(2017年6月6日)

ラジオ出演

  • NHKラジオ・ラジオ深夜便
    「農福連携で地域を元気に」(2018年4月18日)