事業内容・活動

農業などの一次産業が基幹産業である農山漁村地域は、過疎化・高齢化が著しく、また、住民生活の安全・安心を支える医療・介護施設等の整備も遅れるなど、都市部の生活環境とは大きな隔たりがあります。
当研究所では、このような背景を踏まえ、農山漁村地域住民の生命・財産の保障、事故予防等に関する調査・研究を行うとともに、調査・研究成果を広く社会で活用していただくための広報活動や教育研修活動を通じて、農山漁村地域に暮らすみなさまの生活の安全・安心づくりに取り組んでいます。

調査研究

調査研究活動は、シンクタンクとして事業を展開する研究所の中核的な機能です。農山漁村地域における生命・財産の保障ならびに事故医療等に関する自主研究活動に加え、各種団体からの委託調査にも取り組んでいます。



高齢社会・生活福祉

健康増進活動や介護サービスに関する調査・研究をはじめ、高齢化が進む農山漁村地域の生活基盤の維持等に関する調査・研究を行っています。


経済・金融

個人の暮らしや生活設計とも関わってくる、国内外の経済・金融環境の動向や今後の見通しなどに関する調査・研究を行っています。


当研究所では、JA共済連から受託を受け交通外傷の医療費問題に関する基礎から応用までの知識取得を目指したJA共済連の自動車共済担当者向けの医療費研修会を開催しています。臨床の第一線で活躍する医師の講義や第一級の教育資材・設備を設けており、適正な医療費損害調査にかかる技能育成に努めています。
また、医療費損害調査にかかる現地研修(JA共済連県本部)や、各種研修会への講師派遣を実施しています。


当研究所の調査・研究成果を広く社会で活用していただくため、セミナーを開催しています。


広報・助成

当研究所の調査・研究成果は、「共済総合研究」「共済総研レポート」などの定期刊行物でご紹介しています(一部を除き当ホームページで閲覧することも可能です)。また、必要に応じて、研究助成を実施しています。


ページトップへ